偽造医薬品売買の都道府県別検挙率

今、服用されている医薬品のほとんどは国などの大きな機関で検査、検証がされており、認可を得てから市場、医療施設、薬局へと回ります。しかし、裏などではこの認証を全く得ずに国や医療団体に隠れた偽造医薬品売買が行われており、安いので購入してしまうケースも多く、なかにはそれを知らずに買ってしまう方もいるのです。
処方箋も無く、副作用があるかもしれないこの偽造医薬品を飲むことによって、体の調子がおかしくなっても保険がきかなかったり、また医療分野でも研究のされていない未知の症状を起こしてしまうことがあったりして、何も知らずに服用してしまうと非常に危険です。
こうしたケースは一般人でも陥る罠ですが、昨今では有名人まで、こうした偽造医薬品に手を出して逮捕されたことがあるなど、世に出回ってる医薬品はすべてが本物であるとは限らないのです。

不法な無承認医薬品売買の都道府県別検挙率は年々増えていて、中には外国からの流入が認められており、ブローカーを通して海外から不法に密輸されることもあります。

安い医薬品だからといって、購入する前にその薬が承認されていて、尚且つ適切な物ではない限り服用を控えたほうが無難です。
健康の為の医薬品が健康を害することもあるからです。