偽造医薬品を販売して検挙された例

偽造医薬品というのは医薬品を装った食品やサプリメントのことで、販売した人間はもちろんですが、場合によっては購入した人間にも警察の捜査が行われる場合があります。
検挙例もあるほどで、違法とわかって購入した場合とそうでない場合と両方が前例としてあげられます。

逮捕されるほど偽造医薬品が危険であると言われる理由があり、第一には人間の健康に深刻な害を及ぼす可能性があるという点です。
偽造医薬品は製薬メーカーなどから正式な認可を受けてないものなどもあり、その場合には人体に悪影響を与えないという照明が無いことになります。
それはまた同時に効果があると証明されてい無いことでもあるのです。

また偽造医薬品はそのほとんどが非常に高いコストであり、暴利をとるということでも知られています。
栄養や健康のことを考えて開発されたわけではなく、利益を上げる為の商品として販売されていることもあり、非常に厳しく規制されているのです。

こうした商品を購入すると、自分に害が及ぶだけではなく、悪徳業者に目をつけられる可能性もあるため、偽造医薬品には絶対に手を出さないということがセオリーとなっているのです。
自分の体や家族を守るためにも、決して利用してはいけないのです。

医薬品の偽造はそんなにも簡単なのか?

医薬品には正規品ばかりではなく、中には偽造医薬品も紛れ込んでいる場合があります。
そして現在、偽造医薬品の国際的密売組織が世界中に活動を広げています。
そしてこのような偽造医薬品の多くは、中国やインドで製造されています。
年間多額の売上金をほこる偽造医薬品の流通ルートは、複雑すぎて把握できないとされています。
中には麻薬組織との関係も指摘されており、偽造医薬品の背景には複雑な問題も抱えています。
日本の薬事法は世界トップレベルの厳しさで知られています。
認可の下りた薬しか販売できないため、許可がもらえないと取引できないのが現状です。
しかし世界には規制の緩い国も存在します。
正規品は高価で少量しか入っていないけれど、偽造品であれば安価で大量に入っているとして人気があります。
きちんとした過程で製造されている薬ではないため、健康上のリスクがありますが、安さに釣られて購入する人は多くいます。
多くの国では薬の厳密な検査はほとんど行われず、偽造薬の検査は書類だけと、比較的簡単に取引されています。
そのため偽造医薬品が流入しやすい状態になっています。
これを避けるためには、使用する医薬品が正規品である事を確認してから購入する事が大事です。