シュウ酸による尿路結石とフォーゼスト

男性がEDとなる原因にはさまざまなものがあり、もちろん異性に対する気後れ、その他の生活上のストレスといった、心理的・精神的な原因によるものもありますが、最近では不適切な生活習慣による動脈硬化など、身体的な異常が原因となって起きるものが増えています。
動脈硬化は肉類などの動物性たんぱく質の多い食事にかたよりがちな人にはリスクがあるとされていますが、こうした食生活は尿路結石などの原因になることもあります。
肉類を多く食べたときには、シュウ酸とよばれる物質が体内で増加しますが、これがカルシウムと結合すると、石のような固まりとなってしまうため、尿として排出がしにくくなり、しまいには尿管をつまらせたりするもとになるのです。
動脈硬化とは違って、尿路結石とEDとの関係はあまりないとされていますが、いずれにしても、かたよった食生活がさまざまな症状の引き金となることは明らかであることから、バランスのよい食事に心がけることが大切であるといえます。
EDの症状に対する治療方法としては、現在ではED治療薬を服用するというのが一般的になっており、国内ではED治療の目的では保険が適用されずに高価になってしまうことが多いものの、海外ではフォーゼストのようなジェネリックのED治療薬も割合と多く流通しているため、かなり安価で入手できるようになっています。
こうしたED治療薬については、血管を拡張させるという作用がみられるため、銘柄によって多少異なりますが、性行為の1時間前から数時間前までに服用しておくことによって、性器に血液が十分な量だけ流れるようになり、硬さや持続力の不足といったEDの症状が改善されるようになります。